Google Chrome で位置情報を変更する方法

ローカライズと検索順位

Google で検索には位置情報が含まれており、ローカライズされた検索順位を提供しています。そのため、同じ検索クエリであったとしても、キーワードによっては地域毎に異なる検索結果が表示されます。

この仕様は、ユーザの属性に合わせた検索結果をカスタマイズするパーソナライズド検索の一部です。しかし、地域毎にどのような検索結果が表示されるか確認したい場合、この仕様が邪魔になることがあります。

このページでは、Google Chrome の DevTools を使って現在位置を変更 (上書き) する方法を解説していきます。

位置情報の変更方法

位置情報の変更方法は、以下の流れで行います。

  1. Google Chrome から DevTools を起動する
  2. メニューから More tools / Sensors を選択する
  3. ロケーションを変更する
  4. 変更する位置の緯度・経度情報などを入力する
  5. ブラウザを更新する

まずは Google からローカライズが有効になる検索キーワードで検索をします。以下の画像は、金沢市から「大学」のキーワードで検索した例です。

金沢市から大学のキーワードで検索した例
金沢市から大学のキーワードで検索した例

その状態で DevTools を起動します。DevTools は、以下のいずれかの方法で呼び出せます。

  • Chrome メニューから [その他のツール] → [デベロッパー ツール]
  • ページを右クリックして [検証] を選択する
  • Ctrl + Shift + I キーを押す(Windows)、または Cmd + Opt + I キーを押す(Mac)
  • F12 キーを押す
Chrome DevTools の呼び出し
Chrome DevTools の呼び出し

右上の三点リーダーのメニューから More tools を選択し Sensors をクリックします。

More tools から Sensors を選択する
More tools から Sensors を選択する

Location のプルダウンメニューから Other を選択します。

Location のプルダウンメニューから Other を選択する
Location のプルダウンメニューから Other を選択する

変更したい位置情報の緯度 (Latitude)、経度 (Longitude)、タイムゾーン (Timezone ID)、ロケール (Locale) を入力します。日本であれば、どの地域であってもタイムゾーンは「Asia/Tokyo」、ロケールは「ja_JP」固定となります。

緯度 (Latitude)、経度 (Longitude)、タイムゾーン (Timezone ID)、ロケール (Locale) を入力する
緯度 (Latitude)、経度 (Longitude)、タイムゾーン (Timezone ID)、ロケール (Locale) を入力する

緯度・経度情報は、Google Map の任意の座標を右クリックするなどして取得できます。

緯度・経度情報を Google Map から取得する
緯度・経度情報を Google Map から取得する

ブラウザに戻り、Ctrl + F5 キーを押して更新すると、位置情報が変更された状態が検索結果に反映されます。

位置情報の変更を検索結果に反映する
位置情報の変更を検索結果に反映する

以上の手順で、ローカライズされた検索結果を変更することが可能です。もしも、他の地域ではどのような検索結果が表示されるのか気になる場合は、上記の方法を試してみてください。

位置情報を元通りに戻す方法は、Location を No override に設定してください。

位置情報の元に戻す
位置情報の元に戻す

関連記事