Visual Studio Code - ステータスバー

ステータスバー

ステータスバーには、アクティブなファイルやワークスペースの様々な情報が表示されます。

ステータスバー
ステータスバー

ステータスバーには、アクティブなファイルがどのプログラミング言語のファイルであるかを自動認識し、その結果を表示します。自動認識されたプログラミング言語をクリックすると、言語モードを変更したり、言語固有の設定を行うことができます。

言語モードの変更
言語モードの変更

VSCode でファイルを読み込んだ場合、デフォルトの設定ではファイル内のインデントを自動認識するようになっています。自動認識した結果のサイズはステータスバーに表示されます。

インデントの種類とサイズ
インデントの種類とサイズ

インデントのサイズをクリックすると、ファイルで使用するインデントの種類やサイズの変更を行うことができます。

インデントの種類やサイズの変更
インデントの種類やサイズの変更

ステータスバーには、エラーや警告の数を表示します。問題がある場合、クリックすると問題パネルを開くことができます。

エラーや警告の数を表示する
エラーや警告の数を表示する
0
SHARE
Twitter
@murashun
お問い合わせ
murashun@gmail.com
ご質問(マシュマロ)
https://marshmallow-qa.com/murashun
ご支援(Stripe)
https://checkout.stripe.com/