Visual Studio Code - ダウンロードとインストール

ダウンロード

Visual Studio Code (VSCode) のダウンロードは、以下のページから行います。ここでは Windows にインストールする例で説明を進めます。

ダウンロード画面から Windows のボタンをクリックしてインストーラーをダウンロードします。

VSCode のダウンロード
VSCode のダウンロード

VSCodeUserSetup-x64-1.51.1.exe がダウンロードできました。(本記事執筆時点の最新版) ダウンロードは以上で完了です。

VSCode のダウンロード
VSCode のダウンロード

インストール

上記でダウンロードしたインストーラーを実行して、セットアップを開始します。

使用許諾契約書の同意画面では「同意する」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

VSCode のインストール
VSCode のインストール

インストール先を指定します。問題がなければそのまま「次へ」ボタンをクリックします。

VSCode のインストール
VSCode のインストール

スタートメニューフォルダーの指定を行います。問題がなければそのまま「次へ」ボタンをクリックします。

VSCode のインストール
VSCode のインストール

追加タスクの選択画面では「PATHへの追加」にチェックが入っていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。任意で「デスクトップ上にアイコンを作成する」などを選択しても構いません。

VSCode のインストール
VSCode のインストール

インストールの準備が完了した画面が表示されるので、「インストール」ボタンをクリックします。

VSCode のインストール
VSCode のインストール

インストールが完了するまで待機します。

VSCode のインストール
VSCode のインストール

インストールが完了しました。「Visual Studio Code を実行する」にチェックが入っていることを確認し、「完了」ボタンをクリックします。

VSCode のインストール
VSCode のインストール

VSCode が起動し、「ようこそ」画面が表示されます。インストールの作業はこれで完了です。

VSCode のインストール
VSCode のインストール

VSCode では、インストール時の言語設定は英語に設定されています。日本語化を行う場合は、Visual Studio Code - 日本語化の設定を参照してください。

VSCode の起動

VS Code を実行するには、Windows のスタートメニューから [すべてのアプリ] - [Visual Studio Code] をクリックして起動します。

VSCode の起動
VSCode の起動

また VSCode はコマンドプロンプトや PowerShell などのコマンドラインからも起動することができます。VSCode をコマンドラインから起動するには、以下の code コマンドを使用します。パラメータに . を付与すると、現在のフォルダーを VSCode で開くことができます。. の代わりにフォルダーのパスを入力することも可能です。

code .
VSCode をコマンドラインから起動する

code コマンドの使用例は以下などがあります。

# カレントディレクトリを新規ウィンドウで開く
code .

# カレントディレクトリを最も直近で使用したウィンドウで開く
code -r .

# 新規ウィンドウを開く
code -n .

# 言語を一時的に日本語に変更する
code --locale=ja

# diff エディタを開く
code --diff file1.txt file2.txt

# ヘルプを表示する
code --help

# インストール済みのすべての拡張機能を無効にして開く
code --disable-extensions

# 拡張機能一覧
code --list-extensions

# 拡張機能のインストール
code --install-extensions <extension-id>
code コマンドの使用例 (一部)

関連記事