Python - リストを定義する

リストの定義

Python にはリストと呼ばれるシーケンス構造があり、0 個以上の要素を持つことができます。リストは [, ] でデータを囲みます。

list = [1, 2, 3]
リスト

リストには、異なる型を混在させることも可能です。例えば、以下の例では整数と文字を混在させたリストを定義しています。

list = [1, 2, 3, "a", "b", "c"]
リスト

リスト型への変換

文字列をリスト型に変換するには、list 関数を使います。

print(list("abc")) # ["a", "b", "c"]
文字列をリスト型に変換

split() 関数を使えば、任意のセパレータ文字列に対して分割することができます。

str = "a,b,c"

print(str.split(",")) # ["a", "b", "c"]
文字列をリスト型に変換

ただし、文字列に複数の区切り文字が連続している場合、リスト要素としては空文字が設定されます。

str = "a/b//c"

print(str.split("/")) # ["a", "b", "", "c"]
文字列をリスト型に変換

要素の取り出し

リストから要素を取り出すためには、オフセットを指定します。

list = ["a", "b", "c"]

print(list[0]) # a
print(list[1]) # b
print(list[2]) # c
オフセットを使った要素の取り出し

マイナスのインデックスを使えば末尾から逆に取り出すこともできます。

list = ["a", "b", "c"]

print(list[-1]) # c
print(list[-2]) # b
print(list[-3]) # a
オフセットを使った要素の取り出し

スライスを使うと、リストの一部を取り出すことができます。スライスは、引数に始点のインデックス番号と、始点からいくつの要素を取り出すかを指定します。

list = ["a", "b", "c"]

print(list[0:2]) # ["a", "b"]
スライスを使った要素の取り出し

スライスは以下のように記述することで、先頭からひとつおきに要素を取り出すことも可能です。

list = ["a", "b", "c"]

print(list[::2]) # ["a", "c"]
スライスを使った要素の取り出し

スライスを使ったテクニックで、リストの要素を逆順に取り出すこともできます。

list = ["a", "b", "c"]

print(list[::-1]) # ["c", "b", "a"]
スライスを使った要素の取り出し
0
SHARE
Twitter
@murashun
お問い合わせ
murashun@gmail.com
ご質問(マシュマロ)
https://marshmallow-qa.com/murashun
ご支援(Stripe)
https://checkout.stripe.com/