HTML & CSS - b タグ

基本的な使い方

b タグは注意を引きつける部分に使用します。b タグの基本的な書き方は、以下のようになります。

<p> b タグは <b> bold </b> の略です。</p>
b タグの基本的な書き方

b タグは bold の略です。

ブラウザ表示

b タグで囲まれたテキストは、太字で表示されます。ただし、テキストを太文字に装飾するために使用するべきではありません。テキストを太文字にする場合は、CSS で以下のように指定します。

.bold {
  font-weight: bold;
}
<p class="bold"> ここは太文字になります </p>
テキストを太文字にする

ここは太文字になります。

ブラウザ表示

使用上の注意

b タグは、特に意味を持たないタグであるため、強調表示などの目的で使用するべきではありません。HTML5 では b タグ以外に、重要性を示すタグや、強調するためのタグが用意されています。

strong
強い重要性のあるテキストを表します。
em
テキストを強調表示します。
mark
他の文脈から参照するテキストを目立たせます。
cite
作品名や題名を表します。
i
他のテキストと区別するために使用します。
b
テキストに注意を引きつけるために使用します。

上記のとおり b タグを使うべきシーンはほとんどありません。b タグを使用する場合は、他のタグを使用するべきでないかを検討してください。

外部リンク