ビットコインを保有する

ビットコインの保有とは

ビットコインは、実体のないデータ上の通貨であるため、ビットコインを保有するためには、ビットコインアドレスが必要になります。ビットコインアドレスとは、残高照会やビットコインの送金、または着金が可能な銀行の口座番号のようなものです。

ビットコインアドレスは、仮想通貨取引所に登録すると取得できます。仮想通貨取引所では、ビットコインの売買、ビットコインの送金、ビットコインの受取、日本円の入出金が可能です。

ビットコインアドレスは、1 または 3 から始まる 27 ~ 34 文字の英数字の組み合わせからなります。

3Ls9rweU1S7MLZ1P3itCyapeLQkBTc2c48
ビットコインアドレスの例
Hint!

一般的なビットコインアドレスは、1 または 3 から始まりますが、bc1 や m や n から始まるアドレスもあります。

ビットコインでは公開鍵暗号方式と呼ばれる暗号方式を採用しています。送金などの資金移動は、秘密鍵の所有者のみが行えます。秘密鍵とは、言わば銀行口座の暗証番号(パスワード)のようなものです。そのため、秘密鍵が漏洩した場合、ビットコインが流出してしまうリスクがあります。

公開鍵暗号方式
公開鍵暗号方式
Hint!

ビットコインなどは、通常ひとつの秘密鍵があれば取引できます。しかし、マルチシグウォレットでは、複数の秘密鍵がないと取引ができないため、セキュリティリスクを分散できます。マルチシグウォレットに対応している場合、ビットコインアドレスの最初の数字は「3」になっています。

ビットコインアドレスの種類

「1」から始まるアドレス
ビットコインアドレスからビットコインを取り出す際、秘密鍵による署名が1つ必要なアドレスです。
「3」から始まるアドレス
ビットコインアドレスからビットコインを取り出す際、秘密鍵による署名が複数必要なアドレスです。秘密鍵がひとつ漏洩しても、別の秘密鍵がなければビットコインを取り出すことができないため、セキュリティが高くなります。
「bc1」から始まるアドレス
取引履歴(トランザクション)を圧縮して、データ量を小さくする Segwit に対応したウォレットで作成されたビットコインアドレスです。「bc1」から始まるアドレス宛にビットコインを送金する場合、送る側も Segwit に対応したアドレスから送らなければなりません。
「m」または「n」から始まるアドレス
ビットコインを開発するための環境(テストネット)で作成されたビットコインアドレスです。テストネット上のビットコインは開発用であるため、価値を持ちません。

ビットコインのウォレット

ビットコインのウォレットとは、ビットコインを保管しておく「財布」のようなものです。ウォレットにも種類があり、コールド・ウォレットホット・ウォレットの2種類あります。

コールド・ウォレット

コールド・ウォレットとは、ビットコインなどの仮想通貨を保管する方法のことで、コールド・ストレージとも呼ばれます。インターネットから切り離したオフラインで保管する方法で、ハッキングや秘密鍵の漏洩などのセキュリティリスクが存在しないため、もっともセキュリティレベルが高い保管方法と言われます。

コールド・ウォレットには、紙に印刷して管理するペーパー・ウォレットと、専用のデバイスで管理するハードウェア・ウォレットなどがあります。

ペーパー・ウォレット

ペーパー・ウォレットとは、ビットコインアドレスと秘密鍵を印刷し、紙で保管する方法です。長期の保管を目的としており、インターネットから完全に切り離したオフラインでの管理であるため、安全な管理方法です。ただし、火事などで印刷した紙を消失してしまうと、永久にコインを失うリスクがあります。

ビットコインのペーパー・ウォレットのサンプル
ビットコインのペーパー・ウォレットのサンプル

ペーパー・ウォレットでは、紙にビットコインアドレス(左側の QR コード)を印刷して保管します。ペーパー・ウォレットの右側の QR コードは秘密鍵で、ビットコインを取り出す際に利用します。

ハードウェア・ウォレット

ハードウェア・ウォレットとは、インターネットに接続されていない専用の機器にビットコインアドレスと秘密鍵を保管するものです。ハードウェア・ウォレットも、ペーパー・ウォレットと同様、インターネットに接続されていないため、ハッキングなどの被害にあうリスクを低減できます。

Ledger Nano S(仮想通貨ハードウェアウォレット)
Ledger Nano S(仮想通貨ハードウェアウォレット)

ホット・ウォレット

ホット・ウォレットとは、仮想通貨をインターネットに接続された状態で保管する方法のことで、ホット・ストレージとも呼ばれます。ホット・ウォレットは、例えばモバイルのアプリで利用するウォレットが挙げられます。

ホット・ウォレットでは多くの場合、秘密鍵をウォレット作成者に管理してもらうため、利用者は秘密鍵を見る機会さえありません。利便性が高い反面、インターネットに接続された状態であるため、不正アクセスなどのセキュリティリスクがあります。

Point!

コールド・ウォレットは保管に適したウォレットであり、ペーパー・ウォレットやハードウェア・ウォレットがある。一方、ホット・ウォレットは持ち運びに適したウォレットであり、ウォレットアプリがある。

0
SHARE
Twitter
@murashun
お問い合わせ
murashun@gmail.com
ご質問(マシュマロ)
https://marshmallow-qa.com/murashun
ご支援(Stripe)
https://checkout.stripe.com/